« 上原&田沢「Wストッパー構想」浮上! | トップページ | 田沢「うまくいかなかった」1回1失点 »

2013年5月 9日 (木)

札幌六大学野球リーグ 札幌大谷大が加盟 元JR北の神田さん、監督に /北海道

 4月に春季1部リーグが開幕した札幌六大学野球リーグ(札幌学生野球連盟)に、今季新たに札幌大谷大学が加盟した。監督には社会人野球のJR北海道などで投手として活躍し、引退後は札幌大谷高で3年間コーチを務めていた神田幸輝(ゆきてる)さん(40)が就任。初陣となる14日の3部開幕戦に向け、1・2年生計9人の選手たちが練習を重ねている。

 同大は06年設立。当初は音楽学部だけだったが、12年に社会学部と芸術学部を新設した。男子学生が集まるようになり、大学側が野球部設立へ向け、神田監督に就任を依頼。神田監督は札幌大谷高出身の千里(ちさと)佑太郎主将(19)とともに、リーグ加盟に向けて部の周知活動などに取り組んできた。札幌市東区にある札幌大谷学園野球場に大学用の球場も整備され、練習環境も整った。

 神田監督は神奈川県出身で、横浜商科大卒業。横浜そごう、サンワード貿易、JR北海道の3チームでプレーし、JR北海道では07年の都市対抗4強入りに貢献した。

 札幌大谷大野球部は、神田監督が指導した札幌大谷高の出身者も含め、選手全員が経験者だ。しかし、部員は試合ができるぎりぎりの9人で、3人の投手も野手兼任。「けがが一番怖い。効率的に練習をやりながら、本番までどう持って行くか」と苦心している。

 攻守ともに課題は多いが、本格的な始動から1カ月が経ち「守備から攻撃に移る流れはできつつある」という。かつて都市対抗野球で活躍した神田監督は、投手たちに対して「無駄な球を使わず、意図を持って投げてほしい。球威がなくても、抑えることはできる」と指導している。

 二塁手を務める千里主将は「今季は自分たちができるプレーを全力でやって、まず2部に昇格したい」と力を込める。神田監督も今季の3部優勝を目標に掲げるとともに、将来の目標については「いつか1部で優勝できるチームを作りたい」と話した。

毎日新聞 2013年05月08日 地方版

|

« 上原&田沢「Wストッパー構想」浮上! | トップページ | 田沢「うまくいかなかった」1回1失点 »

神田幸輝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札幌六大学野球リーグ 札幌大谷大が加盟 元JR北の神田さん、監督に /北海道:

« 上原&田沢「Wストッパー構想」浮上! | トップページ | 田沢「うまくいかなかった」1回1失点 »