« 田沢、2失点で4敗目「追い込んでからが甘かった」 | トップページ | Rソックス大勝!田沢もポストシーズン初登板で貢献 »

2013年9月29日 (日)

日体大・栗林、服部が勝利に貢献

 首都大学野球第4週2日目は、29日平塚球場で2回戦3試合が行われ、日体大は筑波大に2-1で延長10回サヨナラ勝ちした。

 日体大は10回表に2死満塁のピンチを迎えるが、ここで投手を2番手服部(2年)に交代。服部は三振で後続を断った。

 その裏、9番栗林(4年)が安打で出塁すると、続く國島(4年)が三塁打を放ちサヨナラ勝ちを決めた。

|

« 田沢、2失点で4敗目「追い込んでからが甘かった」 | トップページ | Rソックス大勝!田沢もポストシーズン初登板で貢献 »

栗林遥野」カテゴリの記事

服部拳児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日体大・栗林、服部が勝利に貢献:

« 田沢、2失点で4敗目「追い込んでからが甘かった」 | トップページ | Rソックス大勝!田沢もポストシーズン初登板で貢献 »