« 元プロ235人が大学指導の資格回復 | トップページ | 2015 桜美林大4年生の進路 »

2015年2月14日 (土)

2015 マスターズ甲子園神奈川大会予選ブロック組み合わせ

3月22日に神奈川新聞スタジアムで開幕、25チーム出場し熱戦/神奈川

 かつての高校球児たちが再び聖地、甲子園球場を目指すマスターズ甲子園2015県大会の抽選会がこのほど行われ、出場25チーム校が八つに分かれる予選ブロックの組み合わせが決まった。
 8年目を迎えた今年は、3月22日に保土ヶ谷・神奈川新聞スタジアムで4試合を行う。
 予選ブロックを勝ち上がった8校が決勝トーナメントで争い、優勝チームが11月に甲子園球場で開催される本大会に出場。愛媛県代表の新居浜東高OB会と対戦する。

 予選ブロックの組み合わせは次の通り。

Aブロック…県相模原、藤嶺藤沢、藤沢清流、百合丘
Bブロック…横浜、南、鶴見工
Cブロック…座間、日大、相洋
Dブロック…横浜商、藤沢翔陵、東海大相模
Eブロック…武相、桐蔭学園、神奈川工
Fブロック…鎌倉学園、桜丘、横浜商大
Gブロック…横浜隼人、法政二、大師
Hブロック…山北、逗子、日大藤沢

2015年マスターズ甲子園神奈川大会(まとめ)

|

« 元プロ235人が大学指導の資格回復 | トップページ | 2015 桜美林大4年生の進路 »

マスターズ甲子園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015 マスターズ甲子園神奈川大会予選ブロック組み合わせ:

« 元プロ235人が大学指導の資格回復 | トップページ | 2015 桜美林大4年生の進路 »