« 2019年8月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月27日 (水)

次期理事長に横浜商大・佐々木総監督 神奈川大学野球連盟

 「トップレベルに」改革へ意欲 神奈川大学野球連盟は26日、横浜市内で理事会を開き、2005年から理事長を務めていた工藤房雄氏(84)の後任として横浜商大・佐々木正雄総監督(71)が12月1日付で新理事長に就任することを決めた。 佐々木氏は横浜一商高(現・横浜商大高)のエースとして1966年夏の甲子園で8強入り。日大を経て山梨・日大明誠高で指導者のキャリアをスタートし、84年に横浜商大監督に就いて昨秋までの35年間で6度のリーグ優勝に導き、全日本大学選手権には4度出場。阪神・岩貞祐太投手らをプロへ排出した。

 同連盟では05年から副理事長を務め、08年から3年間は全日本大学野球連盟監督会会長を歴任するなど球界に幅広い人脈を築き、昨シーズンの監督退任後はプロ・アマ一体での野球の底辺拡大などに尽力している。

 神奈川リーグは桐蔭横浜大が明治神宮大会を制した12年秋以来、全国大会の頂点から遠ざかっているが、佐々木氏は「全国4強以上を狙える力を付けていくために、一歩一歩だが改革をしていきたい」と意欲を示した。

2019/11/27 神奈川新聞

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

山田大雅 神宮でも生き生きと

第50回明治神宮野球大会 大学の部

準決勝 明治神宮球場

城西国際大(関東5連盟第一代表)-慶応義塾大(東京六大学)

山田大雅(3年) 3回裏から7番二塁で途中出場

4回 遊ゴロ
7回 右安打

城西国際大 1 - 6 慶応義塾大

Dsc_0129

Dsc_0130

Dsc_0132

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

山田大雅 優勝に貢献

第15回関東地区大学野球選手権大会

決勝 横浜スタジアム

城西国際大(千葉県1位)-東海大(首都1位)

山田大雅(3年) 2番一塁でスタメン出場

1回 四球
3回 二ゴロ
5回 二安打
6回 二ゴロ
8回 中前打

城西国際大 5 - 3 東海大

城西国際大が勝利し、初優勝。明治神宮大会に関東5連盟第一代表として出場。

Dsc_0033

Dsc_0039

Dsc_0040

Dsc_0050

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年12月 »