« 山田大雅 神宮でも生き生きと | トップページ | 佐藤大心、オープン戦に登場 »

2019年11月27日 (水)

次期理事長に横浜商大・佐々木総監督 神奈川大学野球連盟

 「トップレベルに」改革へ意欲 神奈川大学野球連盟は26日、横浜市内で理事会を開き、2005年から理事長を務めていた工藤房雄氏(84)の後任として横浜商大・佐々木正雄総監督(71)が12月1日付で新理事長に就任することを決めた。 佐々木氏は横浜一商高(現・横浜商大高)のエースとして1966年夏の甲子園で8強入り。日大を経て山梨・日大明誠高で指導者のキャリアをスタートし、84年に横浜商大監督に就いて昨秋までの35年間で6度のリーグ優勝に導き、全日本大学選手権には4度出場。阪神・岩貞祐太投手らをプロへ排出した。

 同連盟では05年から副理事長を務め、08年から3年間は全日本大学野球連盟監督会会長を歴任するなど球界に幅広い人脈を築き、昨シーズンの監督退任後はプロ・アマ一体での野球の底辺拡大などに尽力している。

 神奈川リーグは桐蔭横浜大が明治神宮大会を制した12年秋以来、全国大会の頂点から遠ざかっているが、佐々木氏は「全国4強以上を狙える力を付けていくために、一歩一歩だが改革をしていきたい」と意欲を示した。

2019/11/27 神奈川新聞

|

« 山田大雅 神宮でも生き生きと | トップページ | 佐藤大心、オープン戦に登場 »

佐々木正雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山田大雅 神宮でも生き生きと | トップページ | 佐藤大心、オープン戦に登場 »