牛上義明

2018年6月 5日 (火)

「人生に補欠はないよ」/牛上義明&金沢哲男

 ベストゲームに歴史的大敗を選ぶあたりに、人生観が表れる。牛上義明(69)は陰になり日なたになり、横浜商大、そして監督の金沢哲男を支えてきた名物部長だ。

 1998年夏、横浜との東神奈川大会準決勝。松坂大輔(中日)を柱に全国春夏連覇を果たす横浜に、0-25で負けた。

 牛上は、この試合が「うれしかった」という。「何もできないうちを相手に、横浜は最後まで真剣に戦ってくれた」からだ。

 先発が打ち込まれ、2回で0-10。横浜からすればベンチの下級生に経験を積ませるにはもってこいの試合だったはずだ。

 だが交代は代走の1人だけだった。「屈辱的な負けでも、あの松坂の横浜が全力できてくれたということが、選手が人生を生きていく上での糧になったと思う」。野球で人生を説くのが、牛上らしさだ。

 コーチ、監督を経て34歳の83年から部長に就き、56歳で退くまで22年に渡って部を支え続けた。スパルタの金沢とは対照的な存在だった。「監督にはいつも、いくら怒っても逃げ道だけはつくってあげなさいと言っていました」。二人の歯車がかみ合ってこその、商大野球だった。

 やさしさの源泉は、商大の前身・横浜一商の選手時代にある。

 ずっと補欠だった。自身最後の夏にもらった背番号は15だった。エースの佐々木正雄(現横浜商科大学監督)が快投を続け、初の神奈川制覇。喜びもつかの間、ベンチ入りの14人から漏れた。その後は偵察役という裏方として甲子園で8強入りしたチームを支え、夏を終えた。

 日体大では学生コーチとなり、2軍を指揮。「レギュラーになれるかどうかみたいな子を支えられる指導者になりたいと思ってね」。卒業後、母校に赴任した。

79年、それまで16年間監督だった恩師・大蔵明からバトンを受け、監督となった。

 しかし、就任3年目の81年春に部内で上級生による下級生への暴行という思わぬ事態が起きた。校長の松本武雄が県高野連会長の職を辞任し、野球部は1年間の対外試合の自粛を決定した。

 牛上は「選手たちに厳しく接してしまったことが悪い方向に働いたのかな。子供たちにもっと向き合えていればよかった」と今も嘆く。この「事件」が牛上のその後の指導スタイルに大きく影響していった。

 金沢とのコンビで甲子園に3度進んだ。「金沢くんの采配は大丈夫なのかなって思う時もあった。サインを出さないときの方がシンプルに勝ってたきがするしね」

 それでも口出しはしなかった。93、2003年に神奈川を制した横浜との決勝も、「あのギャンブル的な野球がはまって、子どもたちの勢いが止まらなかったね」と、懐かしそうに笑う。

 部員100人超のマンモス野球部の部長として、ずっと大事にしてきた思いがあった。「野球で補欠はあるかもしれないけれど、人生の補欠にはならないよって伝えたかった」

鬼の猛練習で横浜撃破

 「何十年に1度しか経験できないようなゲームだった」。横浜商大を3度甲子園に導いた金沢哲男(60)は、25年前の夏をそう思い返す。

1993年夏の神奈川大会決勝だ。相手の横浜は田村仁(元ベイスターズ)や平馬淳(元シドニー五輪代表、現東芝監督)を擁し、優勝候補の大本命だった。

 「正直勝てるなんて思ってなかった。選手の質が違いましたから」

 ところが、番狂わせが起こる偶然が重なった大会中盤に天候が崩れ、3日間順延。7月31日に横浜スタジアムでライブ開催が決まっっていたため、決勝の舞台は川崎球場に移っていた。

 予感も当たった。「打ちそうだ」と初スタメンで8番に置いた主将笹間が2回2死2塁から放った左翼フェンス直撃の二塁打で先手を取った。

 試合後に、「ハマスタだったら外野フライで打ち取って横浜が勝っていたのに」と横浜部長の小倉清一郎が悔しがった一撃。金沢は「東芝時代から川崎球場ではよくプレーしたので、外野が狭いのは知っていた。小倉さんの一言に、その通りだと思いましたよ」と懐かしむ。

 順延の影響で準々決勝以降は3連戦となっていた。3連投のエース福田香一は疲れも見えたが開き直って投げて1失点完投した。

 「うちは脇役」と言い続けた金沢は、優勝インタビューで「勝ったチームが強いんです」とおどけてみせた。

 鎌倉学園出身。甲子園出場はないが、強打の捕手として鳴らし、早大から東芝に進んだ。

 83年、都市対抗大会を目前にした25歳の夏だった。母校の監督・福沢美美から電話があった。「今すぐ履歴書を持って来い」。横浜商大高が監督を探しているという。

 都市対抗で優勝し、その秋には迷うことなく商大に向かったが、生ぬるい空気が鼻についた。

 「勝利への執念が感じられない」。鍛えに鍛えた。朝練は「午前7時から、放課後は夜11時までボールを追わせた。

 自分は東芝でそれ以上をやらされていたので、当然だと思っていた。4部練習合わせて1日30㌔を走ったこともあった。「社会人がそれだけ必死になっていたのに、高校生が何を」と思っていたが、「頭がおかしくなるような鍛え方だったね」と振り返る。

 当時は横浜、桐蔭学園、横浜商(Y校)の時代。「うちに来るのは横浜に行けなかった子たち。せめて練習量で勝って、どこよりもやったという自信が必要だった」と鬼を貫いた。

 一方で、横浜の野球を躊躇なく採り入れた。横浜の名参謀・小倉に弟子入り。食事に誘っては「小倉野球」を吸収した。

 強烈な“恩返し”となったのが、2003年夏の決勝だ。成瀬善久(ヤクルト)、涌井秀章(ロッテ)、荒波翔、石川雄洋(ともに横浜でDeNA)らを擁してセンバツで準優勝していた横浜に、7-2で快勝したのだ。

 この試合では、センターががら空きになるような極端なシフトを敷き、攻めては初回からエンドラン、盗塁と動いた。終盤に横浜のミス絡みで決定的な3点を加えられたのは、試合巧者のお株を奪うような「揺さぶり」を続けた成果だった。

 「決勝のインタビューで、『横浜に勝つ秘訣がある』って言ったんです。完全なはったりでしたが、選手はその気になっったし、横浜も余計なことを考えたはず」

 ゲームの機先を制し、相手に「自分の野球」をさせない。一連の駆け引きを全てひっくるめ、金沢は「僕は『小倉野球』で横浜に勝ったんですよ」と笑う。

 15年夏を最後に監督を退いたが、今春から野球部顧問に戻った。「時代が変わって指導のスタイルも合わないかなと思うこともあるけど、練習が結果を呼ぶのは変わらない。野球は人間を育てる砥石でなければね」。背広姿でグラウンド見つめるその目は、どこか嬉しそうだった。

うしがみ・よしあき 横浜一商(横浜商大)-日体大。一商時代は遊撃手、日体大では3年時から学生コーチ。1979年から横浜商大高監督、83~2004年まで部長を務めた。県高野連副理事長などを歴任して神奈川大会を仕切った。07年には日本高野連から育成功労賞で表彰。「牛(ぎゅう)ちゃんの愛称で高校野球関係者に親しまれた。横浜市鶴見区出身。69歳。

かなざわ・てつお 鎌倉学園-早大-東芝。東芝時代は捕手と外野手を務め、1983年に都市対抗大会制覇。社会科教諭として横浜商大高に赴任して監督就任。89年に同校初のセンバツ出場を果たし、93年には夏の甲子園16強、2003年にも甲子園出場した。田沢純一(元マーリンズ)を育て、2015年勇退。現在は同校の生徒指導部長兼野球部顧問を務める。横浜市金沢区出身。60歳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

2014 マスターズ甲子園(続報)

横浜商大OBが快勝

 全国の高校野球OB選手が参加して行われる「マスターズ甲子園2014」が15、16日甲子園球場で行われ、神奈川代表の横浜商大高校野球部OB会は4-2で福岡県代表の小倉東高OB会に快勝した。

 商大OB会は15日の第2試合に登場し、34歳以下で戦う前半3イニングを終えて、3-0とリード。35歳以上の4回に1点を返されたものの、その裏に2死から高橋豊、青柳、関口の3連打で1点を追加した。その後は小倉東高の反撃を1点に抑えて逃げ切った。

 高橋豊主将は「天気に恵まれ、最高の舞台で世代を超えたOBが1つになって勝利できて良かった」と笑顔で話した。

小倉東OB(福岡)
000 101 0=2
210 100 X=4

横浜商大OB
(7回表時間切れ)

(小)持永、有吉、大森、半晴、永井、西、清水、安藤-鴨池、竹下、河西、則松
(商)挽野、渡辺、岩崎、平石-沢村、鈴木隆、鈴木雄、福島

◇三塁打 松本、桑野(小) 八尋(商)
◇二塁打 倉橋、川島(商)

横浜商大高OB会メンバー

【監督】牛上義明65 【助監督】村田崇61 【OB会会長・外野手】関口幸三50 【主将・内野手】高橋豊44 【選手】馬場友行59 中野裕之59 佐藤茂55 久保田浩司52 横山伸一49 有田亨司48 平石寿忠46 花田晴彦46 武田和敏46 小川努46 細川洋46 菊間正晃46 高橋充浩46 鯨岡秀光46 横山信一45 須田康昭45 白沢宏45 関戸正志45 遠藤信浩45 柳岡修44 鈴木雄三44 渡辺亨42 福島直人42 関健次41 押尾真人41 挽野潤40 持田一彦40 青柳大輔38 福田香一38 岩崎智範36 山本貴代志35 西崎健太33 八尋公祐28 倉橋良28 川島哲郎28 北村勇樹28 青木拓也28 鈴木隆太27 鈴木秀和24 吉川純平21 沢村優20 加登伸也19 馬場正行19 守屋雅彦19 鈴木惇生21 【マネージャー】甲斐丈雅44

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

2012 マスターズ甲子園

 全国の高校野球OB選手が参加して行われる「マスターズ甲子園2012」が10、11日の2日間、甲子園球場で行われた。神奈川からは県高校野球OB連合に加盟している23校から選出された45人と日本高野連の育成功労賞を受賞した5人の計50人が出場し、福岡県代表の伝習館OBと対戦し、5-2で逆転勝ちした。

 神奈川選抜は11日に登場し、34歳以下で戦う前半3回は打線が沈黙したが、35歳以上になった四回に打線が爆発した。2四球と安打の1死満塁から新井が中越えに三塁打を放ち逆転すると、奈良、串田も三塁打を放ち、この回一挙5点を奪った。投手陣も小刻みなリレーで反撃を抑えた。

 神奈川選抜の伊藤監督は「悪天候の中、選抜チームが一つになり甲子園を楽しみながらプレーできたことが勝利につながった」と話した。

神奈川OB選抜
000 500=5
001 01X=2
 (6回表終了時間切れ)
伝習館OB(福岡)

【神】佐藤→岩本→近→和田→井田→木村→加藤

◇三塁打 新井、奈良、和田

神奈川選抜メンバー
【監督】伊藤功55(法政二)、【主将】高橋豊42(横浜商大)
【選手】伊達範人52、小野島靖芳30(以上横浜)、※木本芳雄65、※古賀正58、姫岡徹50、田中康聖24(以上武相)、佐々木高広40、岩佐克19(以上法政二)、若林一利45、藤嶺典優41(以上相洋)、岩本健太32、岡田辰央31(以上横浜商)、新井重雄50、村井廣幸32(以上東海大相模)、茂田敏晴50、福盛哲哉49(以上日大)、土舘正明53、藤沢久永52(以上藤沢翔陵)、加藤浩45、尾上一茂45(以上大清水)、市堀宏之56、村山純47(以上桜丘)、湯浅和也44、木谷優志24(以上桐蔭学園)、佐藤隆之30、藤平翔也21(以上神奈川工)、土本弥30、仲里欣也30(以上藤嶺藤沢)、井田幸基47、小野浩二45(以上鶴見工)、※池田公平64、石井彰次47、木村勉45(以上山北)、※武田隆56、奈良祐一43、大塚秀之43(以上鎌倉学園)、和田譲50、青木浩二42(日大藤沢)、三田芳晴42、渡辺与次42(以上大師)、磯典央54、斉藤誠54(以上南)、串田順一36、志村仁31(以上横浜隼人)、※牛上義明64、吉川純平19(以上横浜商大)、近佑治30(逗子)、田村雄字32(百合丘)  (※は育成功労者。数字は年齢)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

長年の功績をたたえる-育成功労賞受賞の牛上さん

 今夏、日本高野連から育成功労賞表彰を受けた横浜商大高の元野球部部長、牛上義明さん(58)の受賞記念パーティーが9日、横浜市内で開かれた。教え子やOB、関係者ら200人が出席し、牛上さんの功績をたたえた。
 「勝てばいいのではなく、一緒に泣き、笑い、教え子としみじみとした関係をつくれる」とは藤木幸夫・県野球協議会会長。部長として22年間に3度の甲子園出場など実績もさることながら、厳しさの中にも温かな目で生徒をみつめ、人間味のある野球人を育成してきた。
 列席者からの賛辞が続く中、本人の返礼の辞は簡潔だった。「私はOBの中でも一番幸せな野球人」。おごらず謙虚な人柄で、多くの人に愛される。会場は拍手と思い出話が尽きなかった。

-07年12月11日付神奈川新聞-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

直球で伝える36年の思い-牛上 義明さん

 ○…「私学だからこそ続けてこられた。先代と現在の理事長、校長先生方のおかげだと感謝している」。20年以上野球の指導歴があり、高校野球の育成と発展に貢献した人に贈られる「育成功労賞」を今年受賞した。母校でもある横浜商科大高校で、コーチ、監督、責任教師と36年間にわたり野球部の指導に携わった。3年前に責任教師は引退したが、現在も同校で教鞭を執る。

 ○…「子どもの頃、スポーツと言えば野球しかなかった」。当然のように始めた野球。高校時代、今でも忘れられない思い出がある。3年生の夏に神奈川大会で優勝。その大会で18人までのベンチに入っていた。しかし、当時の甲子園でベンチに入れるのは14人。そこで悔しくもメンバー入りを逃した。大学進学後もその経験が尾を引き、野球を続けることをためらったという。しかし、「どうせ他の部に入っても補欠になるなら、野球部でなろう」と継続を決意。その後、母校の野球部で生徒たちを育てる望みを実現させた。

 ○…平成元年の甲子園出場は忘れられない出来事だ。「20数年ぶりに行けたことが本当に嬉しかった」。秋季県大会の初日、甲子園運動出場を悲願していた祖父の遺骨が眠っている寺社を掃除した。そしてその日から横浜商大高は勝ち進み、遂に念願の甲子園出場を果たす。「願いを叶えてくれたのかもしれない。やっと恩返しができた」。生徒たちを厳しく叱ることもあったが、フォローすることも大切にしてきた。「逃げ場を作ることも必要」。その指導方針は現在でも変わらない。「何でもいいから、上手くなろうと思って努力することが社会に出たときに活かされる」。シンプルだが、一貫した強い思いがそこにはある。

 ○…最近は休日にゴルフを楽しむ。「決して上手ではないけど、今は月3回以上行っている」と照れ笑い。長年付き合った野球とは違う、新たな楽しみに情熱を傾けているようだ。

タウンニュースより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

牛上さんに育成功労賞

 日本高野連は15日、ことしの「育成功労賞」の受賞者48人を発表し、神奈川からは横浜商大の牛上義明元部長(58)が選ばれた。

 同校出身の牛上さんはコーチ、監督を経て1983年から22年間に渡って部長を務めた。金沢哲男監督(49)とのコンビで春夏の甲子園に3度出場するなど県内有数の強豪校に押し上げ、県高野連副理事長としても全国最多の神奈川大会の運営を取り仕切った。

 1989年の選抜大会初出場が一番の思い出という牛上さん。「多くの諸先輩や、指導者として長い間野球をやらせてくれた学校に感謝したい」と喜びを語った。

 同賞は野球部で20年以上指導し、育成と発展に功績のあった部長や監督を表彰する。鳥取は該当者がいなかった。

-07年06月16日付神奈川新聞-

| | コメント (0) | トラックバック (0)