給前信吾

2012年7月 8日 (日)

選手にメッセージ/給前信吾さん

 2003年夏の神奈川大会を制した横浜商大のエースで、昨年までプロ野球独立リーグ・北信越BCリーグで活躍した給前信吾さん(26)が、高校球児にメッセージを寄せた。格上が相手でも積み重ねた日々を信じ、「絶対に負けない」と念ずれば必ず道は開ける-。前評判を覆し、球史に残した右腕の言葉は今も熱かった。(神奈川新聞社・川村真幸)

 あの夏も、本命は横浜だった。
 現在プロで活躍中の成瀬(ロッテ)や涌井(西武)、荒波(横浜DeNA)、石川(同)を擁し、その年の選抜大会で準優勝。当然優勝候補の筆頭に挙げられていた。
 そのことが、171㌢と小柄なエースの気持ちを一層燃え上がらせた。
 「もともとの性格。強いものを見ると向かっていきたくなっちゃう」。商大を選んだのも、横浜を倒すためだった。
 給前さんは「格上と戦うとき、ほとんどのチームは試合前に気持ちで負けいる。力の差を相手に感じさせないほどの気持ち大事」という。
 それは、虚勢を張るのとは違う。「球に『打ってみろ』という気持ちを伝える」。一投一打に思いを込めるのだという。
 その球は不思議と球速が上がり、「甘いところにいってもなぜかファールになった」と給前さん。当時横浜の部長だった小倉清一郎コーチ(68)も印象に残っている。「狙い通りの球でも、気迫に押されて打てない。あんな投手は給前以降いない」と話す。
 「絶対に打たせない」「打ってやる」。気持ちの裏付けになったのが、日々の猛練習。それは最後の夏、目に見える形で結実した。
 春まで、失策で負けることが多かったが、7試合を戦った夏は1試合平均1個以下。打線は4割打者が並び、バントミスはゼロだった。
 「(エースで4番の)給前のワンマンチーム」。そう見られることが多かったが給前さんは「それは違う」と断言する。「特に守備。一人では絶対、格上には勝てなかった」と9年前の夏を振り返った。
 金沢哲男監督(54)の好采配、恵まれた組み合わせ、スタミナの消耗を抑えた冷夏…。思い当たる要因は他にもあるが、それはやはり、猛練習があってこそ生かされたと思う。
 「大事なのは過程。『もう大丈夫』と思えるまで練習することが大前提。あとはそれを信じ、強い気持ちでを持てるかどうか。試合が始まったら何も考えず、楽しくやってほしい」

きゅうぜん・しんご 横浜商大3年の夏、決勝で横浜を7-2で下して甲子園出場。東農大中退後、独立リーグ・北信越BCリーグの信濃グランセローズでエースとして活躍。昨年引退し、同年末から長野県宮田村の精密機械部品加工メーカー「マスダ」勤務。26歳。

2012年7月8日付け神奈川新聞25面より抜粋

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

BCリーグ信濃・給前、退団

プロ野球独立リーグ・BCリーグ(Baseball Challenge League)信濃グランセローズでは、下記の選手と来期の契約を結ばないことが決定した。

投手 給前 信吾(きゅうぜん しんご) 背番号18 理由:任意引退

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月30日 (金)

BCリーグ個人最終成績(2011年)

新潟 足立 尚也
187打数48安打18打点 打率.257 二塁打5 三塁打0 本塁打0

石川 山本 祐士
238打数55安打18打点 打率.231 二塁打6 三塁打0 本塁打1

信濃 給前 信吾
22試合6勝7敗0S 防御率4.10 完投2 125回 被安打127 失点69 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

BCリーグ 給前6失点で信濃、完敗

 BCリーグは4日、各地で2試合を行った。信濃グランセローズは前橋市の上毛新聞敷島球場で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し、0―7で敗れた。信濃の後期通算成績は12勝9敗5分けとなり、上信越地区首位の新潟アルビレックスとのゲーム差は1に開いた。

 信濃の先発・給前は2本塁打などで6失点、六回途中に降板した。打線は散発4安打で得点できなかった

(2011年9月5日 信濃毎日新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

〈神奈川:白球ロード(2)〉03年夏 甲子園へ 横浜商大・給前信吾さん

 緑の木々に囲まれた静かな野球場で、ノックの球音がこだまする。都心から約180キロ離れた長野県中野市。給前(きゅう・ぜん)信吾(25)が横浜から単身、この地に来てもう4年半になる。

 北信越のBCリーグ「信濃グランセローズ」の赤いユニホームに袖を通すのは、今年こそ最後にしたい。目指すは、日本プロ野球組織(NPB)。「周りに厳しいと言われると、余計に挑戦してやろうと思う」

     ◎

 高校最後の夏もそうだった。

 横浜商大のエースで4番。「敬遠が大嫌い。必要な場面があると説得しても、逃げずに、いつも真っ向勝負だった」。商大で監督を続ける金沢哲男(53)は、給前をこう評価する。

 2003年7月30日、神奈川大会の決勝。給前は171センチと小柄な体で、大本命、横浜に立ちはだかった。

 横浜は、この春の選抜準優勝校。横浜スタジアムの応援も商大を圧倒していた。「商大に入ったのも、みんなの憧れの横浜を倒すため」と豪語していた給前は余計に燃えた。

 打っては2安打3打点。緩急をつけた投球で横浜打線を抑え、最後の打者を空振り三振に仕留めた。7―2。完勝だった。

 甲子園では1回戦で明徳義塾(高知)に惜敗したが、「打者」としてドラフト候補になった。だが、給前は投手にこだわった。

      ◎

 東京農大の野球部に進んだが、3年夏に中退。その冬、新設されたBCリーグの入団テストに合格し、現チームに入った。

 長野の球場のすぐ近くで一人暮らしを続ける。月給は手取りで20万円ほど。炊事や洗濯など身の回りのことを自分でこなす。

 後から加入した投手が先にNPB入りする姿を見て、焦りを感じる。高校で破った横浜の成瀬善久(ロッテ)、涌井秀章(西武)の両投手ら同世代の活躍も気になる。

 180センチを超える成瀬、涌井と比べ、給前は体格では恵まれていない。それでも高校時代、球速では2人に負けなかった。

 「過去の栄光にすがったらダメになる」。昨シーズンは25試合に登板し、9勝7敗。満足のいく成績が残せなかった。その反省を踏まえ、球速だけを追い求めていた投球スタイルを変え、制球力を磨き、今季にかける。

 給前は言う。「小柄な投手が活躍したら、同じハンディを持つ子どもたちの励みにもなるはず。だから可能性がゼロでない限り、挑戦し続けたい」

     ◎

 03年の夏、給前の直球に三振に倒れた横浜の最後の打者、荒波翔(25)も、横浜ベイスターズの2軍選手として挑戦を続けている。

 高校1年の夏から甲子園デビュー。早くもプロ注目の逸材といわれた。だが故障にも泣いて、東海大、トヨタ自動車を経て昨年、ようやく横浜にドラフト指名された。

 50メートル5秒台の俊足と、遠投110メートルの強肩を売りに1軍入りを目指す。

 「高校時代からずっと応援してくれた人がいる。原点の横浜スタジアムに戻り、恩返しがしたい」

 給前も荒波も、挫折を繰り返し、プロの一線での活躍をなお諦めない。お互い25歳。「年齢的に厳しい世代だと思う。でも絶対にチャンスはある。強い気持ちを持ち続けてほしい」。荒波は自らを鼓舞するように給前にエールを送った。(敬称略)

2011/7/1 朝日新聞デジタル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

給前、今季2勝目/信濃グランセローズ

 信濃グランセローズは13日、県営上田野球場で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦、5-4で勝利した。
 先発給前は7回に2ランを喫するものの、今季2勝目(2敗)をあげた。

群馬ダイヤモンドペガサス 0 0 0 1 1 0 2 0 0 = 4 H 6E 0
信濃グランセローズ 0 0 0 3 0 2 0 0 x = 5 H 5E 1

○給前、飯田、S鈴木−原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

給前、今季初完封/信濃グランセローズ

 信濃グランセローズは22日、金沢市民球場で石川ミリオンスターズと対戦、3-0で快勝した。
 右腕給前は走者を出す(被安打8)ものの要所で踏ん張り、今季初勝利を完封で飾った。

信濃グランセローズ 0 0 1 0 1 0 1 0 0 = 3 H 9 E 1
石川ミリオンスターズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 0 H 8 E 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

信濃の怪腕 NPB熱望「行けなければ野球やめる」

 BCリーグの信濃グランセローズが1日、ホームの中野市営球場でキャンプインした。セレモニーでは佐野嘉幸監督(66)と松本匡礼主将(24)があいさつに立ち、ファンに初優勝を誓った。チームでただ1人、5年前の創設からの生え抜き選手、給前信吾投手(25)は初日からブルペン入り。背水の覚悟で臨むシーズンに向け、精力的に投げ込んだ。

 中野市営球場に4カ月ぶりの球音が戻ってきた。

 午前9時に始まったセレモニーでは、ナインがマウンド前に整列。マイクの前に立った佐野監督は「キャンプでしっかり鍛え、悲願の初優勝に向けて全員で頑張ります」と、スタンドに訪れたファンにあいさつした。続いて松本主将が「今年こそ勝たなければいけないと選手も思っている。意識を高く持ってやっていきます」と力強く宣言した。

 初優勝を狙うチームにあって、誰よりも強い気持ちでキャンプに臨むのがエースの給前だ。「上(NPB)に行けなければ今年で野球をやめる」と公言し、自ら“ラストイヤー”と位置づける。初日から早速ブルペン入り。変化球を交えながら86球を投げ込み「体の状態は8割、技術的には7割ぐらいの状態。ここまでの調整は思惑通りに来ている」と満足そうに話した。

 力のある直球と多彩な変化球を併せ持つが、投球の幅をさらに広げるため、昨年までほとんど投げなかったカットボールの習得にも取り組んでいる。酒井コーチからリリースポイントのアドバイスを受け「意外にしっくりきた」。この日も15球程度投げ込み「いい感じです」と笑顔を見せた。

 投手陣の精神的支柱として、新人にも積極的にアドバイスしている。すでに篠田や佐々木にツーシームの投げ方を伝授。「教えられることは何でも教えるし、それがチームのためにもなる」とリーダーの自覚も十分だ。今季の目標に15勝、防御率1点台を掲げ「このぐらいの数字を残さなければ上に行けない」。背水のシーズンに向け、覚悟のほどは十分だ。

 ◆給前 信吾(きゅうぜん・しんご)1985年10月22日生まれ。神奈川出身。身長1メートル71、体重68キロ。右投げ左打ち。03年夏の甲子園に横浜商大高のエースとして出場。小柄ながら140キロ中盤に達する直球の威力が魅力。

[ 2011年3月2日 11:14 スポニチ ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

BCリーグ個人最終成績(2010年)

新潟 伊勢田 翔
87打数24安打8打点 打率.276 二塁打5 三塁打0 本塁打1

石川 山本 祐士
255打数56安打18打点 打率.220 二塁打5 三塁打2 本塁打1

信濃 給前 信吾
25試合9勝7敗0S 防御率2.85 完投3 164回2/3 被安打140 失点65 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

信濃・給前、今季9勝目

 BCリーグは26日、各地で3試合を行った。今季ホーム最終戦の信濃グランセローズは長野オリンピックスタジアムで福井ミラクルエレファンツと対戦、8-0で快勝した。信濃の給前は被安打2の今季初完封で9勝目(7敗)。打線は三回に2点を先取し、七回は一挙5点を奪った。通算成績は13勝19敗3分け。

福井 000 000 000 = 0
信濃 002 001 50X = 8

【投球内容】
1回 ①一ゴロ ②左飛 ③三ゴロ
2回 ①遊ゴロ ②死球 ③投飛 ④三振
3回 ①左安 ②投犠 ③一ゴロ ④二ゴロ
4回 ①遊ゴロ ②右飛 ③捕邪飛
5回 ①捕邪飛 ②三ゴロ ③右飛
6回 ①三振 ②一ゴロ ③二ゴロ
7回 ①三ゴロ ②二飛 ③中飛
8回 ①三振 ②遊ゴロ ③右飛
9回 ①右飛 ②中安 ③三邪飛 ④三ゴロ

被安打2、失点0、四死球1、奪三振3

| | コメント (0) | トラックバック (0)