続木悠登

2018年11月 1日 (木)

日大国際関係・続木が東海REX入り 2年後プロへ

 静岡学生野球リーグ、日大国際関係の最速150キロ右腕・続木悠登投手(4年)が、社会人野球の新日鉄住金東海REX(愛知)に進むことが10月31日、分かった。続木は最短2年後のプロ入りを視野に「まずは拾ってくれたチームに最大限の貢献ができるように、都市対抗に出て優勝したいです。その上でプロを目指していければと思います」と意気込みを語った。

 続木は今秋、7勝1敗、防御率1・17の好成績で同大のリーグ7連覇に大きく貢献し、初の最高殊勲選手(MVP)と特別賞を受賞した。プロ志望届を提出し、3球団から調査書が届いていたが、25日のドラフト会議での指名はなかった。「正直、悔しい思いはありますが、これも勝負の世界。切り替えていくしかありません」。すぐに現実をしっかり受け入れた。

 新日鉄住金東海REXは、都市対抗準優勝1回、日本選手権優勝1回を誇る強豪。藤枝明誠出身の伊藤翼咲投手(19)も在籍している。横浜商大高時代は全国的に無名ながら、大学でプロ注目選手にまで成長した続木。社会人でさらに自らを磨き、2年後のドラフトでは上位で、悲願のプロ入りを果たす決意だ。

◆続木悠登(つづき・ゆうと)1996年(平8)7月2日、横浜市生まれ。中和田小1年から野球を始める。中和田中では横浜泉中央ボーイズ所属。横浜商大高では1年秋からエース。日大国際関係では2年秋から先発定着。182センチ、84キロ。右投げ右打ち。血液型B。家族は両親と兄。

2018/11/1 Nikkan Sports

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

2018 静岡県秋季リーグ戦の個人賞

東海地区大学野球連盟は17日、静岡県秋季リーグ戦の個人賞の発表を行った。受賞者は以下の通り。

【最高殊勲選手賞】
 続木悠登 日本大学国際関係学部4年/横浜商科大学高校(初)防御率1.17

【最優秀投手賞】
 小澤拓馬 日本大学国際関係学部4年/日本大学三島高校(2)防御率0.21

【首位打者】
 水谷勇貴 静岡産業大学3年/浜名高校(初)打率.460

【本塁打王】
 中木健太 東海大学海洋学部4年/菊川南陵高校(初)2本
 石原大地 常葉大学菊川キャンパス4年/新田高校(初)2本

【盗塁王】
 藤村捷人 常葉大学菊川キャンパス4年/呉港高校(初)11個

【新人賞】
 関日向  常葉大学静岡草薙キャンパス1年/駿河総合高校
 加茂魁斗 静岡産業大学1年/常葉大学付属橘高校

【特別賞】
 続木悠登 日本大学国際関係学部4年/横浜商科大学高校 
(9月22日常葉大浜松戦ノーヒットノーラン達成)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

続木ら12人がプロ志望届提出

 全日本大学野球連盟は25日、プロ志望届提出者の掲載をホームページで更新。新たに日大国際関係学部・續木悠登(4年=横浜商大高)ら12人が追加され、計54人となった。

 続木は9月22日の常葉大学浜松キャンパス戦でノーヒットノーランを達成。

 プロ野球志望届の提出は10月11日に締め切られ、ドラフト会議は10月25日に行われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

日大国際関係・小沢&続木2本柱で全日本勝利目指す

 第67回全日本大学野球選手権が明日11日、神宮球場と東京ドームで開幕する。7年ぶり4度目出場の日大国際関係(静岡=東海地区)は、第2日(12日)第1試合(午前9時開始)に東京・神宮球場で、2年連続8度目出場の京都学園大(京滋)と対戦。小沢拓馬投手(4年)と続木悠登投手(4年)の先発2本柱を軸に勝利を目指す。

 今春の静岡県学生野球リーグで、6季連続優勝の原動力となった小沢と続木が、全国舞台でどれだけ力を発揮するかが、上位進出の鍵になる。

 防御率0・34で最優秀投手と特別賞の2冠に輝いた小沢は「この代で『何としても全国に』と思っていました。中学以来、やっと神宮に戻って来られた感じです」。中学時代に裾野シニアで全国大会優勝を経験して以来の大舞台を心待ちにする。防御率1・35でベストナインに選出された続木も、言葉に力を込めた。「小沢と2人で投げきっていければと思います。真っすぐには自信があるので、通用するのかを確かめたいです」。

2018/6/10 Nikkan Sports

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

2018 東海地区大学野球春季選手権大会

①四日市大学 8-11 日本大学国際関係学部

②中部学院大学 3-1 四日市大学

③中部学院大学 9-1 日本大学国際関係学部(7回コールド)

続木悠登 7回5安打1失点(自責点1)奪三振5、四死球0

優勝: 日本大学国際関係学部
準優勝: 中部学院大学
第3位 四日市大学

<個人賞>

最優秀選手 大森賢将(日本大学国際関係学部)

最優秀選手 続木悠登(日本大学国際関係学部)

優秀選手 芦原聖也(日本大学国際関係学部)、川岸聖大(日本大学国際関係学部)、高杯翼(中部学院大学)、陸昀(四日市大学)

首位打者 中山将太(中部学院大学)

<ベストナイン>

投手 続木悠登(日本大学国際関係学部)

捕手 高杯翼(中部学院大学)

一塁手 大森賢将(日本大学国際関係学部)

二塁手 川岸聖大(日本大学国際関係学部)

三塁手 陸昀(四日市大学)

遊撃手 中山将太(中部学院大学)

外野手 佐藤龍太郎(日本大学国際関係学部)

外野手 高見良太(中部学院大学)

外野手 芦原聖也(日本大学国際関係学部)

指名打者 吉川綾也(日本大学国際関係学部)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

2018 静岡県春季リーグ戦の個人賞

東海地区大学野球連盟は16日、静岡県春季リーグ戦の個人賞の発表を行った。受賞者は以下の通り。

【最高殊勲選手賞】
 大森賢将 日本大学国際関係学部4年/流通経済大学柏高校(初)

【最優秀投手賞】
 小澤拓馬 日本大学国際関係学部4年/日本大学三島高校(初)0.34

【首位打者】
 大盛穂 静岡産業大学4年/飛龍高校(初).385

【本塁打王】
 森山恵介 東海大学海洋学部4年/岩倉高校(初)4本

【盗塁王】
 石原大地 常葉大学浜松キャンパス4年/新田高校(2)

【新人賞】
 清水幹太 常葉大学浜松キャンパス2年/甲府城西高校
 加藤廉 東海大学海洋学部2年/島田工業高校

【特別賞】
 小澤拓馬 日本大学国際関係学部4年/日本大学三島高校 ノーヒットノーラン達成

★ベストナイン★

【投手】
 続木悠登 日本大学国際関係学部4年/横浜商科大学高校(2)1.35

【捕手】
 植松佑太 静岡大学4年/津島高校(4).362

【一塁手】
 水谷勇貴 静岡産業大学3年/浜名高校(初).360

【二塁手】
 望月滉人 常葉大学静岡草薙キャンパス3年/駿河総合高校(初).293

【三塁手】
 小林聡太郎 常葉大学浜松キャンパス2年/掛川西高校(初).325

【遊撃手】
 白川怜旺 静岡産業大学4年/斐太高校(初).378

【外野手】
 大盛穂 静岡産業大学4年/飛龍高校(初).385
 有元楓 東海大学海洋学部3年/育英高校(初).375
 和田浩太朗 東海大学海洋学部4年/東海大学菅生高校(3).347

【指名打者】
 森山恵介 東海大学海洋学部4年/岩倉高校(3).340

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

続木、3安打完封!日大国際が6季連続V…静岡学生野球リーグ

◆静岡学生野球春季リーグ最終日▽日大国際6―0静岡大(14日・清水庵原球場)

 雨で1日延びていたリーグ最終戦が行われ、日大国際が静大に連勝。12勝2敗で6季連続となる優勝を決めた。負ければ日大国際、静大、東海大海洋の3校が11勝3敗で並び、プレーオフにもつれるところだったが、日大国際が足を絡めて序盤に得点。最速148キロを誇る身長180センチの大型右腕・続木悠登(4年・横浜商科大高)が12三振を奪い、ライバルを3安打に抑えて完封した。

 最後の打者を空振り三振に仕留めても、喜びを表情に出さなかった続木は「ずっと気を張りつめて投げていたので、最後は終わったことに気がつかなかった」と苦笑い。ナインに胴上げされた大森賢将主将(4年・流経大柏高)は「連覇が続いていてプレッシャーがあった。苦しかった」と目を潤ませていた。

 日大国際は全日本大学野球選手権の切符をかけた東海選手権(26日・清水庵原球場)に出場する。

2018/5/14 sports hochi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

続木、オープン戦に先発

 横浜商科大学と日本大学国際関係学部のオープン戦が15日、緑区の横浜商科大学野球場で行われ、10-6で日本大学国際関係学部が勝利した。

 横浜商大高校OBの続木悠登投手(4年)は先発登板し、3回1安打4四死球無失点に抑えた。

<詳細>

1回
 一ゴロ
 三直
 死球
 四球
 空振り三振
2回
 四球
 二併
 四球
 二ゴロ
3回
 空振り三振
 二ゴロ
 左前打
 右飛

P3157628

P3157645

P3157646

P3157647

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

続木、オープン戦に登場

 横浜商科大学と日本大学国際関係学部のオープン戦が28日、緑区の横浜商科大学野球場で行われ、5-1で日本大学国際関係学部が勝利した。

 横浜商大高校OBの続木悠登投手は9回に4番手投手として登板し、1安打無得点に抑えた。

(詳細)1塁ゴロ、右越二塁打、左飛、空振り三振

P2285278


P2285279


P2285280


P2285281


P2285285


P2285287_4


P2285288


P2285289


P2285290


P2285293


P2285294


P2285295


P2285296


P2285297


P2285298


P2285300


P2285301


P2285302


P2285303


P2285306


P2285307


P2285308


P2285309


P2285310


P2285311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

続木がベストナイン受賞

 東海地区大学野球静岡県学生野球秋季リーグ戦が全日程を終了して、個人賞の発表を行った。ベストナイン(投手)には、続木悠登(2年=日本大学国際関係学部)が防御率0・44で選ばれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)